寄り付き・引け・ザラバとは

株式取引を行う上では、株式市場が開かれていることが大切ですが、寄り付きとはその市場が始まったタイミングのことを言います。このタイミングについては一日2回あり、午前中から始まる前場と午後から始まる後場の二つです。

 

 

}PgžxQ一日のその銘柄の株価がそこで決まることとなります。そして、このタイミングでは、大きな値動きを起こすことも大きく、寄りで値が付かないストップ高やストップ安を引き起こしたりすることも稀にあります。ネット上の証券口座においても、このタイミングで売買を行うことも設定することができます。

 

 

引けというのは、株式市場が閉まるタイミングのことを言い、それによって市場における取引が終了することとなります。これについても前場と後場の二回の引けのタイミングがあり、この時点でも後場や明日をにらんでの積極的な買いや売りが発生することもあり、大きな値動きとなることもあります。

 

 

なおザラバとは、株式取引時間中の取引が行われている時間帯を言い、仮にネット証券口座を開設している人であれば、いつでもそのザラバの時間帯では参入もできるし、撤退することも可能です。株式に関する雑誌やラジオ等でも株式取引の銘柄情報を説明する上でもこれらの用語は特に用いられることも多く、その意味を知っておくことは重要です。

コメントは受け付けていません。