普通株、優先株、劣後債の違い

普通株とは、ごく一般的な株式のことで、議決権があり、配当を得る権利があるというのが一般的なものです。これに対して、優先株とは、議決権がなくて多くの配当を得る権利があるものを指します。議決権がありませんから会社の経営には影響を与えることはできませんが、その分だけ多くの配当を得ることができるというメリットがあります。少数だけ保有して、そして経営には参画しない場合には、資産運用の方法としては優れた対象だと考えられます。経営再建の場合など、経営に参画されると困るような状況の時に発行されることが多く、一定期間を経て一般的な株式に返還される事が多いです。発行する側としては、コストが高くなるために、発行体の決定によって転換できるようになっている場合が多いのです。

 

 
株式だけではなくて債券にもいくつかの種類があります。その一つが劣後債で、一般的な債券に比べて弁済が劣後します。その代わりに利率は高い傾向があると言えるでしょう。弁済が劣後するとは、もしも発行体が短したときに、返還される順番が遅くなる事を意味します。普通債に対して償還が行われ、そしてそれでも余っていた場合には劣後債に対して償還が行われます。ですから、普通債に比べるとリスクは高く、その分だけ利回りは高いと考えられます。

コメントは受け付けていません。