公募・第三者割当・株主割当とは

株式会社が資金調達をする方法として増資があります。新たに株式を発行し、それを売ることによって資金を調達することができます。その方法にはいろいろなものがあって、シンプルな方法が公募増資です。一般に募集をかけて買う人を募ることで売却をします。考え方はシンプルですし、市場に任せるという点では構成なのですが、一気に多くの量が供給されることで市場が混乱する可能性があります。

 
第三者割当増資とは、特定の投資家に対して買い取ってもらう方法を指します。買収のときに行われることも多く、買収される企業が株式を発行して、そして買収する企業がそれを買い、経営権を得ることができます。デメリットとしては、既存の株主の権利が希薄化され、そしてそれを防ぐ手立てがないと言うことが挙げられます。

 
この二つの方法では、どちらの場合にも既存株主にとってはデメリットが大きいと考えられます。これに配慮したのが株主割当増資です。既存の株主に対して、新たに株式を購入できる権利を与えます。既存の投資家は、新たに発行される株式を購入するかどうかを選ぶことができます。購入すれば持ち株比率を下げる事はありませんから、毛家に参画する権利を守ることができるのです。

コメントは受け付けていません。