株式会社の定義について

株式会社とは、会社法に基づいて設立される法人であり、株式を保有している人、いわゆる株主で構成された組織と定義されます。

 
株主は、出資した額に応じて株式を取得し、配当を受け取る権利を得ます。

 

また、株主は保有する株式の割合に応じて経営に関わることができます。

 
具体的にその権利を行使する方法としては、株主総会での議決権の行使などが挙げられます。

 

また、株主は法律上は「有限責任社員」に該当する存在ですが、ここで言う社員とは「法人の構成員」という意味であり、一般的に使われる社員とは意味が異なります。

 

そして、会社を設立する方法は、発起設立と募集設立の二種類があります。
発起設立とは、発起人がすべての株式を引き受ける方法のことで、いわゆるオーナー社長のことです。
募集設立とは、一部の株式を発起人が引き受け、残りは募集に応じた人が引き受ける方法のことです。

 

そして、発起人は定款を作成する義務があります。
定款とは、会社の事業内容などについて定めた物のことです。

 

その後、発起人は設立時の株主総会である「創立総会」を開かなければなりません。
その際に、設立時の役員なども選任する必要があります。
それらを終えた後、登記をすることで会社が成立します。

コメントは受け付けていません。