株式会社の歴史について

株式会社が最初に設立されたのは大航海時代です。

 

1,602年にオランダで東インド会社が設立されたのが歴史の始まりです。

 

なぜこのような形がとられたのかというと、航海には大きな資金が必要となり、そして大きなリスクがあるからです。犬14

 

大きな資金を集めるために株式を発行し、そしてそれによって得られた利益を株主で分けるという形がとられたのです。

 

こうすることによって、多くの人が投資を行うことができるようになりました。

 

それとともに、一人の投資家が提供する資金を小さくできるというメリットがあります。

 

航海には危険がつきもので、場合によっては投じた資金が無駄になることもあります。

 

このような場合に、大きな資金を投じるリスクは大きいでしょう。

 

投資する資金を小さくする事によってリスクも小さくする事ができるというメリットがあったのです。

 

このように、利益を得るためのリスクを管理する目的でも用いられました。

 

現在よりもリスクに対する意識は高く、必要性があって株式が用いられたと考えられるのです。

 

日本では国立銀行が株式を発行して設立され、その後に取引所が整備されるにいたいります。

 

取引所は、もっとも多い時代には11箇所だったのですが、現在では統合が進んでいます。

コメントは受け付けていません。