‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

寄り付き・引けの売買取引

2014/07/14

寄り付きとは、相場が開く時間帯を指します。

 

前場が開く時刻を指すことが多いですが、後場が開く時刻を含めることもあります。

 

区別するためには、後場の開く時刻のことを「後場寄り」と呼ぶ事もあります。

 

引けとは、相場が終わる時間を指すのですが、前場と後場の両方を指す事が多いです。

 

これらの時間帯の売買取引の方式は板寄せが行われます。

 

板寄せとは、売買注文をすべて同じ価格で約定させる方法を指します。

 

どのようにして価格が決まるのかを理解するのは難しいのですが、特徴としては価格が一つになる事が挙げられます。

 

ザラ場の場合には、買い気配と売り気配とがあって、1枚だけ注文を出せばどちらかの価格で約定することになります。

 

ですから、気配に差があると言えるでしょう。

 

気配値の差は取引コストとなります。板寄せ方式では同じ価格で売買が成立します。

 

ですから、自分で売り注文を成行で出し、そして買い注文を成行で出しておけば、同じ価格で売りと買いとを成立させることができますから、ポジションを変えずに取得単価を変動させるために用いることができます。

 

また、出来高や売買代金が多くなりやすいですから、確実に取引を成立させたいときに用いることができるのです。

ザラバの売買取引方法

2014/07/14

ザラバとは、寄りから引けの間の時間を指しますが、このときの売買取引の方法は価格優先の法則と時間優先の法則とが成り立ちます。

 

価格優先とは、売りのときには安い方から約定し、買いのときには高い方から約定することを指します。

 

100円の売り注文と120円の売り注文があった場合には、先に100円の売り注文が約定することになります。

 

指値注文によって、価格を提示して注文を出している場合には、このようにして約定価格が決まることになります。}PgžxQ

 

成行注文の場合には、価格を指定せずに注文を行いますから、すべてにおいて優先されると考えられます。

 

例えば、成行の買い注文を発注すれば、指値注文よりも優先されることになります。

 

そして、売り気配の中でもっとも安い価格のものと約定することになります。

 

枚数が多ければ、もっとも安いものと約定して、さらにその次に安いものと約定するというように、安いものから順に約定するのです。

 

時間優先の法則とは、先に注文を入れた方が先に約定することを指します。この二つが基本的な方法となっています。

 

この方式については寄りや引けなどでは通用しません。

 

寄りや引けでは、板寄せ方式と呼ばれる方法が採用されています。

寄り付き・引け・ザラバのそれぞれのやり方

2014/07/14

デイトレーダの方や比較的日中時間が取れる方の中には、証券取引所の取引時間中に取引をしつつ、相場の状況を見ている人がいます。
テレビで証券会社の中継をしていると、大勢の人がソファに座ってモニター画面を見ている光景が出てきますが、みなさん相場の状況を注視しているのです。

 

 

証券会社の取引が始まる前でも、取引の値付けは始まっています。
寄り付きと呼ばれる取引開始時間には、前日の取引終了後からの取引注文が出揃っています。
これらの注文を処理することから証券取引所の一日は始まります。

 

 

取引時間中のことをザラバと言います。
この時間帯は、証券会社経由で来た売り注文と買い注文を突き合わせて、取引を成立させます。
デイトレーダーの方や証券会社の店頭でモニターを見ている人などが注文をするのです。

 

 

取引時間終了時のことを引けと言います。
引けの時間かが終わっても、時間外取引が継続している場合もありますが、多くの証券会社もいったん取引終了です。

 

 

これらのどの時間帯で取引をしていくかは、各自のやり方によります。
ザラバでの発注は取引時間内なので特に注意することもありませんが、開始時間帯前に発注する場合は、取引開始時間とともに注文が成立してしまいます。

 
また、取引時間終了近くは注文が殺到することがあります。
あまりに殺到すると翌日回しにされる可能性があるため注意が必要です。

寄り付き・引け・ザラバとは

2014/07/14

株式取引を行う上では、株式市場が開かれていることが大切ですが、寄り付きとはその市場が始まったタイミングのことを言います。このタイミングについては一日2回あり、午前中から始まる前場と午後から始まる後場の二つです。

 

 

}PgžxQ一日のその銘柄の株価がそこで決まることとなります。そして、このタイミングでは、大きな値動きを起こすことも大きく、寄りで値が付かないストップ高やストップ安を引き起こしたりすることも稀にあります。ネット上の証券口座においても、このタイミングで売買を行うことも設定することができます。

 

 

引けというのは、株式市場が閉まるタイミングのことを言い、それによって市場における取引が終了することとなります。これについても前場と後場の二回の引けのタイミングがあり、この時点でも後場や明日をにらんでの積極的な買いや売りが発生することもあり、大きな値動きとなることもあります。

 

 

なおザラバとは、株式取引時間中の取引が行われている時間帯を言い、仮にネット証券口座を開設している人であれば、いつでもそのザラバの時間帯では参入もできるし、撤退することも可能です。株式に関する雑誌やラジオ等でも株式取引の銘柄情報を説明する上でもこれらの用語は特に用いられることも多く、その意味を知っておくことは重要です。

普通株、優先株、劣後債の違い

2014/07/14

普通株とは、ごく一般的な株式のことで、議決権があり、配当を得る権利があるというのが一般的なものです。これに対して、優先株とは、議決権がなくて多くの配当を得る権利があるものを指します。議決権がありませんから会社の経営には影響を与えることはできませんが、その分だけ多くの配当を得ることができるというメリットがあります。少数だけ保有して、そして経営には参画しない場合には、資産運用の方法としては優れた対象だと考えられます。経営再建の場合など、経営に参画されると困るような状況の時に発行されることが多く、一定期間を経て一般的な株式に返還される事が多いです。発行する側としては、コストが高くなるために、発行体の決定によって転換できるようになっている場合が多いのです。

 

 
株式だけではなくて債券にもいくつかの種類があります。その一つが劣後債で、一般的な債券に比べて弁済が劣後します。その代わりに利率は高い傾向があると言えるでしょう。弁済が劣後するとは、もしも発行体が短したときに、返還される順番が遅くなる事を意味します。普通債に対して償還が行われ、そしてそれでも余っていた場合には劣後債に対して償還が行われます。ですから、普通債に比べるとリスクは高く、その分だけ利回りは高いと考えられます。

上場会社の株券電子化とそのメリット

2014/07/14

上場会社の株券電子化が行われたことによって、株券というものがなくなりました。かつては株券を保有していることが株主としての権利を表すことだったのですが、現在では株券を手に入れる事はできません。過去の株券についてはすでに効力を失っていて、ただの紙切れとなっています。

 
そのメリットについてですが、まず保管コストが安くなったことが挙げられます。物理的に株券を保管する必要はないのですから、コストが安くなるのは当然のことだと言えるでしょう。証券会社や信託銀行などの負担が小さくなったのです。次に、公正さが高くなったと考えられます。市場に生じる歪みが少なくなったと考えられるのです。

 
例えば、過去には株式分割をすれば株価が上がるという状況が起きました。なぜかというと、株式を分割することによって、新しい株券が届けられるまでの間は株不足の状態になるからです。供給が不足するわけですから価格が高くなるのは当然のことだと言えるでしょう。物理的な株券が存在することによってこのような相場のひずみが生じることになり、それが不正に使われることもあったのですが、電子化にともなってこのようなことがなくなり、市場は寄り構成になったと考えられます。

株式会社の歴史について

2014/07/14

株式会社が最初に設立されたのは大航海時代です。

 

1,602年にオランダで東インド会社が設立されたのが歴史の始まりです。

 

なぜこのような形がとられたのかというと、航海には大きな資金が必要となり、そして大きなリスクがあるからです。犬14

 

大きな資金を集めるために株式を発行し、そしてそれによって得られた利益を株主で分けるという形がとられたのです。

 

こうすることによって、多くの人が投資を行うことができるようになりました。

 

それとともに、一人の投資家が提供する資金を小さくできるというメリットがあります。

 

航海には危険がつきもので、場合によっては投じた資金が無駄になることもあります。

 

このような場合に、大きな資金を投じるリスクは大きいでしょう。

 

投資する資金を小さくする事によってリスクも小さくする事ができるというメリットがあったのです。

 

このように、利益を得るためのリスクを管理する目的でも用いられました。

 

現在よりもリスクに対する意識は高く、必要性があって株式が用いられたと考えられるのです。

 

日本では国立銀行が株式を発行して設立され、その後に取引所が整備されるにいたいります。

 

取引所は、もっとも多い時代には11箇所だったのですが、現在では統合が進んでいます。

公募・第三者割当・株主割当とは

2014/07/14

株式会社が資金調達をする方法として増資があります。新たに株式を発行し、それを売ることによって資金を調達することができます。その方法にはいろいろなものがあって、シンプルな方法が公募増資です。一般に募集をかけて買う人を募ることで売却をします。考え方はシンプルですし、市場に任せるという点では構成なのですが、一気に多くの量が供給されることで市場が混乱する可能性があります。

 
第三者割当増資とは、特定の投資家に対して買い取ってもらう方法を指します。買収のときに行われることも多く、買収される企業が株式を発行して、そして買収する企業がそれを買い、経営権を得ることができます。デメリットとしては、既存の株主の権利が希薄化され、そしてそれを防ぐ手立てがないと言うことが挙げられます。

 
この二つの方法では、どちらの場合にも既存株主にとってはデメリットが大きいと考えられます。これに配慮したのが株主割当増資です。既存の株主に対して、新たに株式を購入できる権利を与えます。既存の投資家は、新たに発行される株式を購入するかどうかを選ぶことができます。購入すれば持ち株比率を下げる事はありませんから、毛家に参画する権利を守ることができるのです。

株式会社の定義について

2014/06/25

株式会社とは、会社法に基づいて設立される法人であり、株式を保有している人、いわゆる株主で構成された組織と定義されます。

 
株主は、出資した額に応じて株式を取得し、配当を受け取る権利を得ます。

 

また、株主は保有する株式の割合に応じて経営に関わることができます。

 
具体的にその権利を行使する方法としては、株主総会での議決権の行使などが挙げられます。

 

また、株主は法律上は「有限責任社員」に該当する存在ですが、ここで言う社員とは「法人の構成員」という意味であり、一般的に使われる社員とは意味が異なります。

 

そして、会社を設立する方法は、発起設立と募集設立の二種類があります。
発起設立とは、発起人がすべての株式を引き受ける方法のことで、いわゆるオーナー社長のことです。
募集設立とは、一部の株式を発起人が引き受け、残りは募集に応じた人が引き受ける方法のことです。

 

そして、発起人は定款を作成する義務があります。
定款とは、会社の事業内容などについて定めた物のことです。

 

その後、発起人は設立時の株主総会である「創立総会」を開かなければなりません。
その際に、設立時の役員なども選任する必要があります。
それらを終えた後、登記をすることで会社が成立します。